春日部の名産は桐製品と麦わら帽子

春日部市の特産品としては、桐製品(桐箱、桐箪笥)、押絵羽子板、麦わら帽子などが挙げられます。
押絵羽子板の板にも桐が使われています。
桐箱は日光東照宮造営の際に集められた職人たちが良質の桐に目をつけて作り始めたものです。
その歴史は300年にも及びます。

 

桐の木肌には高級感があり防虫・防カビ効果もありますので、貴金属、骨董品、茶道具、華道具などを仕舞うのに適しています。
桐箪笥も同様の経緯で作り始められました。
防湿性・難燃性に優れており軽いため箪笥の素材としても優れていたのです。

 

押絵羽子板は戦火を逃れてきた浅草の押絵師たちが作り始めたものです。
立体的な押絵がほどこされているため実際に羽根突きに使うのには向きませんが、綺麗な押絵は飾り物としての価値があります。

 

市の中心を流れる大落古利根川の流域では昔から麦が盛んに栽培されてきました。
その麦わらを使って作られるのが春日部麦わら帽子です。
最近では中国産の安価な製品に対抗するため、ファッション性の高い高級麦わら帽子を作るようになってきています。