神奈川の地元産の食材

関東の南に位置する神奈川には、地元産の食材がたくさんあります。
鎌倉で育った鎌倉野菜は、畑のスペースが狭く少量生産で、ほとんどが仲卸を通さずに直売されています。
平均的な農家で、年2〜30種類の野菜を育てています。
そして三浦だいこんは、冬でも温暖な気候と大根づくりに適した土壌に恵まれる、三浦半島で栽培されている野菜で、中央部がふくらんでいて、長くて大きな白首大根です。
肉質はきめ細かくて水分が多く、甘みが強いのが特徴で、煮物や大根おろし、なますなどの料理に適しています。
それから下中たまねぎは、小田原市東部の下中地区で育てられる野菜で、早生の時期はやわらかくて甘みが強く、サラダなど生でも美味しく食べられます。
色鮮やかな赤玉ねぎの湘南レッドは、辛味や刺激臭が少なく甘みが強いのが特徴で、シャキシャキとした食感の野菜です。
また、津久井在来大豆は、神奈川県津久井郡で昔からどの農家でも栽培されている大豆です。
昔ながらの無農薬栽培を踏襲していて、非常に甘みが強いため、煎り豆や水煮でも味付けなしでコクを感じることができます。


母子家庭

母子家庭を徹底サポートするお役立ち情報サイトです。
www.bosikatei.info/